デジタルトランスフォーメーションをもっと身近に

経営改革促進

2023年12月18日

ESG経営とは

ESG経営とDX
~ESG経営を行っている企業の事例も紹介~<前半>

ESG経営

ESG経営は、企業が環境(Environmental)、社会(Social)、統治(Governance)の3つの側面に焦点を当てて、持続可能なビジネスを推進するアプローチのことを指します。これらは、企業の目先の利益や評価だけではなく、持続可能性や社会的責任を評価するESG要因として知られています。以下に、ESG経営の各側面の詳細について解説します。

環境(Environmental)

環境への配慮は、企業が地球環境への影響を最小限に抑え、持続可能な、製品・サービスの提供と企業活動のプロセスを推進することを指します。これには、温室効果ガスの排出削減であるカーボンニュートラル、再生可能エネルギーの利用、廃棄物削減、自然資源の効率的な活用などが含まれます。

社会(Social)

社会的責任は、企業が社会的課題に寄与し、ステークホルダーや市民の幸福と安全を守ることを意味します。これには、多様性やジェンダーレスの推進、安全な労働環境の提供、地域コミュニティへの支援、製品・サービスの品質の担保や安全性の確保などが含まれます。

統治(Governance)

統治は、企業の組織的な透明性、公平性、および責任を強化し、株主・投資家、顧客、従業員の信頼に応えることをします。統治の要因には、企業の意思決定プロセスの透明性、取締役会の有効性、株主とのコミュニケーション、コンプライアンスの遵守などが含まれます。

ESG経営は、企業がリスクを管理しながらも、中長期的な成功を追求し、新たなビジネス機会やイノベーションを創出するために重要な役割を果たします。また、ESG経営は投資家、顧客、従業員、および社会全体との信頼関係を築くことに役立ち、企業の価値を向上させることが期待されます。ESG経営は、持続可能なビジネスを推進するとともに社会的貢献にコミットするなど、現代のビジネス環境においては、重要性を増しているといってよいでしょう。

ESG経営とDXの関連性について

DXはESG経営を進める際の、前述した環境への配慮・社会的責任の追求・統治構造の向上に向けた取り組みを強化し、企業の競争力を高める手段として注目されています。企業の持続可能なビジネスの推進と社会的貢献を両立させるために、デジタル技術は不可欠なツールとなっています。以下に具体的な内容を紹介します。

データ収集と分析

デジタルツールの導入は、大量のデータを収集しさまざまな分析を可能にします。ESGの評価では、環境への影響や社会的責任に関する情報を収集し評価するのに役立ちます。たとえば、製品の環境への影響をモニタリングしたり、従業員の福祉や安全性を評価したりするためにデータの収集と分析が必要になります。

効率的なリソース管理

効率的なリソースの管理にはデータ管理が欠かせません。エネルギーや材料の使用を最適化し、環境への負荷を減少させることなどが挙げられます。たとえば、スマートファクトリーやIoTデバイスを活用して、生産プロセスの効率化やエネルギー消費の最適化が可能になります。

透明性とコミュニケーション

企業がESGに関する情報を透明をもって顧客や投資家と共有する手段として、データを管理するデジタルプラットフォームやソーシャルメディアの活用は不可欠です。企業の製品・サービスの環境への貢献度合いや社会的プログラムに関する情報を広く発信でき、透明性の向上は信頼性の向上に繋がります。

リスク管理

データドリブン管理を実現すると、企業はESGに関連するリスクをデジタルに可視化し識別できるようになります。たとえば、気候変動や供給チェーンのリスクをデジタルでモニタリングし、リスクヘッジの戦略を立案・推進できるようになります。

イノベーションと新たな機会

いうまでもありませんが、DXはイノベーションも目指すため、新たなビジネス機会を生み出すことがあります。これによりESGに関するイノベーションが促進されます。たとえば、再生可能エネルギーへの投資やEV関連の開発など、ESGに関連する市場での成長が期待されます。

今回は、ESG経営の概要とESG経営とDXの関連性について、DXが今後この分野で重要性を増すことなどについて解説しました。次回は、ESG経営を行っている企業の事例について紹介します。

share
  • AI-OCRエンジンを採用、RPA連携による完全自動化のOCRサービス「CREO-OCR」
  • BizRobo!を月額6万円から利用可能、従量課金RPAサービス「CREO-RPA」
  • サービスデスク
  • プロセス管理
  • クラウドシフト
  • 人事給与
  • ハイブリッド購買
  • 情シス
  • 社労士
  • 会計士
  • Method
  • DXセミナー

記載された商品名・製品名は各社の登録商品または商標です。